« 臭木の実で染める | トップページ | タペストリー、織り上がりました。 »

2011年11月 6日 (日)

着尺、ついに織り始めました。

伊丹公子先生の着尺教室に通い始めて早、一年半。10月のお教室でついにサンプル織りを卒業し、実際の着尺の部分を織り始めました。

Kizyaku10gatu

6月にサンプル織りを開始。花織り初挑戦。

Kizyaku6gatu_2

7月は少し花織りに慣れてきました。

緯糸(よこいと)も葛の若葉染めのなんですが、少しその上に臭木で染めて青みのある緯糸作ってみてそれをストライプに使って変化を出しました。(見る人には判らないぐらいの微妙な違い。これって自己満足?)

Kizyaku7gatu

8月は今まで織ったパターンを使ってデザイン。着るものを織るのは久しぶり。しかも着尺は初めてなので悩みまくり、絵羽のデザインの仕方も教えていただきましたが、結局ストライプの変化を連続させる小紋柄に決定。

9月は悩みながら着尺部分を織り始め。

Kizayku9gatu

10月のお教室までにデザインを整理し、自分用の織物物差し?も作り、ルーペで緯糸の打ち込みを確認しながら、ついに、ついに、本格的に鶴の恩返しを開始しました。

Kizyaku10gaturupe

いやー、やっと何とかなりそうです。永きに渡り、辛抱強くアドバイスを下さった伊丹先生に感謝!

でも10月は2日間織って80cm。着尺って三丈4尺(13m)?!先は長い!!!!

|

« 臭木の実で染める | トップページ | タペストリー、織り上がりました。 »

着尺」カテゴリの記事

コメント

やったね!
道半ばへの到達おめでとう!
これからの忘我かつ無垢な時間、
いとおしんでお過ごしください。

投稿: orume | 2011年11月 7日 (月) 10時19分

イエイエ、全然そんな美しい時間ではありません。花織りの綜コウをゴムを踏んで上げ下げするので足はつるし、肩は張るし、腰は痛くなるし・・・。平織りにすればよかった・・・、と後悔先に立たず。でも、楽しみです。

投稿: 花ちゃん | 2011年11月 7日 (月) 17時19分

正に「始動!」…ですね。楽しみです!

こちらは…冬眠に入りた~い!と云う気分(笑)

投稿: subaru mama | 2011年11月 8日 (火) 22時05分

subarumamaさんの作品の進化を目にして、自分も少しずつ前に進みたいと痛感しました。しばらくゆっくり休んでくださいね。

投稿: 花ちゃん | 2011年11月 8日 (火) 23時55分

初めてコメントいたします。
写真がどれも美しく、癒されるのは、
自然の色だからでしょうか?
この着尺も美しい。
着尺としても着物としても完成が楽しみです。

投稿: さくらいぬ | 2012年1月 7日 (土) 13時42分

さくらいぬさん、こんばんは。コメントありがとう。最近更新していなくて情報が古くてごめんなさい。本当に草木染は自然の贈り物という感じ。そしてさくらいぬさんのおっしゃる通り、着尺は織り上げるだけでなく、着物として完成して身に纏った時、真価が問われるのでしょうね。頑張ります!!!

投稿: 花ちゃん | 2012年1月 7日 (土) 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着尺、ついに織り始めました。:

« 臭木の実で染める | トップページ | タペストリー、織り上がりました。 »